ニンテンドースイッチ版バイオハザード7配信開始!2,000円で180日間プレイは安い?



ニンテンドースイッチ版バイオハザード7配信開始!2,000円で180日間プレイは安い!

「バイオハザード」シリーズを発売しているカプコンは、バイオハザードシリーズ最新作の「バイオハザード7 レジデント イービル」をニンテンドースイッチでリリースを予定しています。

最新作の「バイオハザード7 レジデント イービル」は既にPS4、Xbox One、PC向けでリリースされていますが、ニンテンドースイッチ版では「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」ということで、クラウドサービスとして提供されます。

クラウドサービスのみの提供なので、パッケージ版やダウンロード版の販売はありません!

ニンテンドースイッチ版バイオハザード7 プレイ動画

ニンテンドースイッチ版バイオハザード7の価格や配信日

ニンテンドースイッチ専用アプリをダウンロードして遊ぶ仕組みで、これまで他ハードで配信されていた全DLCも含めた全編が遊び放題となる。Joy-Conならではの直感的な操作方法も追加されているという。

サービス開始

2018年5月24日から

価格

2,000円で180日間プレイすることが可能。

クラウドサービスなので、このサービスを利用するにはインターネットの常時接続が必要です。
(推奨環境:Wi-Fi 802.11ac 5GHzもしくは有線LANアダプター)

超人気タイトルの「バイオハザード」シリーズですから、2000円でもクラウドサービスでプレイしたい人はたくさんいると思います。

180日間というと約6ヶ月間です。
毎日もしくは数日に1回プレイしていれば、1ヶ月もあればクリアできるので180日間っていう期間は長いような気がしますよね。

そう考えるなら、90日間(約3ヶ月間)に区切って980円で配信してくれたら凄くうれしいし、利用者も伸びるんじゃないかと思う。

パッケージ版にもダウンロード版にも属さないので、期限がきたらお金を払わない限り使えない。そして何も残らない。
アカウントとも紐づいてないので、ダウンロード版のようにゲームをダウンロードすることもできない。

知りたくなる人気記事一覧